ウルトラシーの最新情報をお届けします。ぜひチェックしてね!

ご予約・お問い合わせ

TEL:
MAP:

11月になっちゃった。

ヒストリー

ア~ロ~ハ~!!
今日は、こないだインスタで言ってた20周年記念の「のれん」についての件ね。
オレ、セキネ、デザイナーのウー君3人で蒲田にある鈴木旗染店さんへ打合せしにやってきたよ。

ウルトラシー軍団(以下/ウ)「ごめんくださーい。」
お!工房っつーか、だいぶ作業場然。
あちこちに型紙(すげえ緻密な切り絵)とか、乾燥待ちの染物やら大漁旗、
謎の物体(たぶん専用の道具)達。なんかいいなぁ。わくわくすんなぁ。
鈴木旗染店 鈴木社長(以下/鈴)「はいー。」なんか年季入った人だ。

ウ「あのー。暖簾の件で電話をした者ですが、打合せをー、、、」
鈴「あー。」。。。
ウ「私ども美容室をやっておりましてぇ~。あ、彼はデザイナーの内海さん。
  暖簾をですねぇ、作りたいと思いましてぇ~。デザインは、えっと図柄はこんな感じでぇ~」
鈴「あー、じゃあねぇ布地はこれがいいねぇ。」
鈴「寸法は、なん尺なん尺?」
ウ「な、なん尺??あ、90cmX90cmくらいです。汗」
鈴「って事は、ちいれはねぇ。こことここと。。。7本だね。端はね、2本ずつにすんの。」
ウ「ちいれって?」
鈴「竹竿通すとこよ。」
ウ「ちいれって言うんですね。へぇ~、初めて聞きました。」
鈴「まぁそうだよね。普通の人は知らないか。」
ウ「それでぇ白地にインディゴがいいかなぁと思ってるんです。」
鈴「あー。あいだね。」
ウ「?愛ですかぁ。」
鈴「そう藍。」「見本あるよ。見る?」
ウ「はい!ぜひ!」
鈴「こっからここまでが藍だね。でもちょっと濃くとか薄くとか出来るよ。」
ウ「あーじゃあ、これより1段階濃いのでおねがいします。」
鈴「はい、はい。」
ウ「・・・」
鈴「・・・」
決まったみたいだ。サクサクいった。
すげぇ。これが手練の実力ってやつか!
ウ軍団、顔を見合わせうなずき合う。
ウ心の声「メモとかしてないけど平気かな?まぁ息子さんみたいな人も聞いてたから大丈夫しょ?!」
てな感じで打合せ終了。

そこから、「これなんですか?」「へぇ~じゃあこれは?」「ほー!!」ってな具合に
目に付いた道具を子供みたいに尋ねてたら、染色の行程を丁寧に教えて下さって、
とても楽しい時間となりました◎
鈴木旗染店の皆様、その節はどうもありがとうございました。
もしかしたら藍地に白抜きバージョンも作っちゃうかもなので、
その時はまたお願いしまーす。
それからウー君、素敵なデザインほんとありがとね。色々言ってごめーんね。
みんな見に来てよ。てか髪やりに来てね。

あーそーだ! こないだ蒲田の銭湯で面白い人見たから、その事も書いとくね。
もう70過ぎの、どっちかと言うと、もうお爺ちゃんって感じの人が、
真っ赤なTシャツ着てんの「毎日が地獄です。」って白抜きで書いてあるやつ。
なんかギャグなのかマジなのかわかんなくね?
取り立ててキャラがたってる人でもないのにぃ?!
ヤバイでしょ。
あーおもしろかった。

p.s.今回はぼやきませんでした。
しゃちょー。 %e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%97%97%e6%9f%93%e5%ba%97%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%9c%ac%e6%96%87%ef%bc%89